風邪をひいてしまったら……こじらせる前に治しましょう

一番身近な病気と言えば、風邪。寒く乾燥した季節になると誰でもかかりやすくなりますし、睡眠不足や疲労が蓄積して体の免疫力が落ちていると、ワンシーズンに何度も風邪をひいてしまったり、一度ひいた風邪が長引いてなかなか治らなかったりします。怖い病気ではないのですが、放っておくと悪化して重病を引き起こす可能性もあります。風邪っぽいな、と感じたら、早めのセルフケアが肝心です。

一番の特効薬は、睡眠です。何はなくともとにかくきちんと眠ること。その辺に寝転がっていたりうたた寝をしたりして体力を回復させようとする人もいますが、ちゃんとベッドに入って深い睡眠をとらない限り、悪化する一方です。
食事は食べたいものを食べて大丈夫ですが、適量を守りましょう。食べすぎは胃に負担をかけてしまいます。熱があるときはフルーツやゼリー、アイスクリームなど、冷たくさっぱりとした、口当たりの優しいものを少量いただくようにしましょう。いちごやキウイ、かんきつ類にはビタミンCが多く含まれているので、免疫力を高めてくれます。

ジャガイモや豆類を柔らかく煮たあっさり味のスープもおすすめです。風邪のウイルスの増殖を防いでくれますよ。反対に、油っぽいものや食物繊維のとりすぎは避けましょう。消化不良を起こしてしまいます。アルコールも×。熱を上げてしまいます。
背中がぞくぞくしてきたり、関節が痛むときは、保温と保湿を心がけましょう。乾燥は大敵です。生姜湯を飲んでぐっすり眠れば翌日には症状が治まるはずです。夜中に汗をたっぷりとかいていると思いますので、よく体をふいて、清潔な衣類に着替えます。そのままにしておくと汗が冷えて風邪を悪化させてしまいます。

寝苦しいとき、熱がひどいときは水枕や冷却シートを。直接熱を下げてくれるわけではありませんが、体や気持ちが楽になるだけで治りも早くなりますよ。
いずれにしても、体を温かくしてよく眠ることが一番の改善法です。忙しいからといって自分の体をおろそかにしていると、こじらせて余計に休まざるを得ない状況になりかねませんのでご注意を!

フルオーダーができる建築家

シマックス

歯科の開業を検討されている方は是非セミナーへ